プロフィール

waa!

Author:waa!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Time is...
Weather is...
Click for 東京, 日本 Forecast
Daybreak & Sunset

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Out with the Evil !

Wed.04.02.2009 0 comments
ゆうべは疲れて寝てしまい、
「あ 節分!」 と豆のまき忘れに気づいたのは今朝だった。。。

09_02_04BTH697_1B.jpg


ああ、もはや2009年の福が逃げていきそうだな。
だけど せめて鬼とは無縁な1年を送りたい。
気を取り直し、朝の5時から豆をまく (苦笑)。
日付変更線の向こう側の国では まだ2月3日だからね。
セーフ、セーフ、ね?(違うかっ)


09_02_04BTH697_2B.jpg

かーちゃん、日付変更線って、ボクら、アメリカ人でっか?
でも こうやって毎朝、空から お豆が降ってくるのはエエもんやなあ。


朝から豆をしこたま食べて、ご機嫌な うた&らくなのでしたぁ。
鬼は外っ! イェイ!

スポンサーサイト

●Changed & Unchanged 2

Tue.03.02.2009 0 comments
そして年明け、久々に足を伸ばした神楽坂。
ここにも ちょっとビックリの変化が…。

09_02_03BTH696_2B.jpg


ご存じの方はご存じの、赤城神社がなくなっていた。
なくなった、というのは正確には ちょっと違うけれど新しく建て直すらしい。
鳥居がとっぱらわれ、本殿も取り壊され…。
目が点とは このこと。
ここには期間限定のカフェがあってお茶も二度ほどしたし、
ドラマの舞台にも使われた場所だったと思う。
神楽坂に来ると自然と足を向ける場所だった。
神楽坂と言えば、大久保通りを挟んで、東に毘沙門天、西に赤城神社。
そんな街の中心的存在だったのに…。


09_02_03BTH696_3B.jpg

どうやら聞くところによると、ここにはマンションが建ち、
新しい赤城神社はその1階に入るとか、入らないとか。
まるでリニューアルされる歌舞伎座のよう。
古くからここに住む人は 「何か悪いことが起きるんじゃないか」そう心配しているそうで…。


09_02_03BTH696_4B.jpg

在りし日の赤城神社。楚々とした たたずまいが好きだったのにな。
もうこの木立にお目にかかることもないのかな。
何年か後に、新しい神社がどう街の風景になじんでいるのか、
怖いような、楽しみなような、街の変化。

Changed & Unchanged 1

Tue.03.02.2009 0 comments
今更ながら関西寄生(帰省)旅行の続きを。
続きというか今回 久しぶりに帰ってちょっと感じたこと。

09_02_03-1BTH694_1B.jpg


実家のある場所は、三十年ほど前は新興住宅地とうたわれた所で、
私が小さい頃は 空き地も多かった。地震前までは ご近所では引っ越しも珍しく、
大体が三十年前からそこに住む人たち。あまり変化のない土地柄だった。
そこへ あの大きな地震。
近隣ではそれほど大きな被害はなかったけれど、
歩いて15分ほどの距離にある駅前は大きく様変わりしてしまった。
よく買い物に出かけたスーパーは2階が致命的な被害を受けたとかで、
駅の北口から南口へと移転してしまい、それに伴い人の動きも北から南へと移動して、
駅の勢力図は南が優勢になってしまった。
南口には いつの間にかバスのロータリーもでき、電車を降りる人たちのほとんどが
南口の改札口へ向かっていく。北口へは私を含め ほんの数える程度。
これは地震前にはなかった光景。
ずいぶん変わってしまったものだな、と帰省するたびに町の変化をちょっと寂しく思ってた。
小学生の頃、文房具を買っていた店も今は南口にそびえ立つマンションのテナントに。
お世話になった眼科も どうやら場所を移したらしい。
帰るたびに 「あ ここが変わった」 「あそこが変わった」 と心の中で声を上げ、
間違い探しのゲームをしているみたいな感覚だった。
そして昔なじみのお店の看板を、変わってしまった風景の中に見つけ出すと、
懐かしい気持ちになり、家に帰ってきた気がした。

09_02_03-1BTH694_2B.jpg


でも同じ阪急沿線でも、西宮の駅の変貌ぶりにはかなわない。
ここも地震のときは被害が大きかった。
電車の窓から眺めた沿線の家々は屋根にブルーシートをかぶり、
電柱は斜めに傾いて、道路には瓦礫の山ができていた。
もちろん14年経った今は、地震の爪痕など (たぶん) みじんも残っていないけど。
西宮は神戸と大阪のちょうど中間地点で、
昔から通勤や通学で電車をここで乗り換える人が多かった。
人の流れは地震前から それほど変わっていない場所。
その西宮に去年、大型のショッピングモールができた。
「西宮ガーデンプレイス」が建てられたのは、西宮球場の跡地。
西宮球場とは、今のオリックスの前身、“阪急ブレーブス”の本拠地だった野球場。
あの名将、上田監督が采配をふるった場所で、阪急沿線に住む(とくに) 兵庫県人の中に、
ブレーブスファンは多かった。
私が通っていた小学校でも、男子はタイガース派、ブレーブス派と分かれており、
何となく、何となくだけど、ブレーブス派の男子の方がヤンチャ度は低く、
おとなしめだったような気がする。
父と母に “アンチ関西人!”と呼ばれた私はジャイアンツファンであり、
西宮球場にとくに思い入れはなかったけれど、生まれて初めて野球を生で観たのは
西宮球場だったし、オールスター戦というのも ここで初めて経験したから、
それなりに思い出が詰まってる場所ではある。
その西宮球場が更地となって、ショッピングセンターに生まれ変わったというので、
大晦日に出かけてみた。


09_02_03-1BTH694_3B.jpg

西宮の駅に降りてまず驚いたのが、思い思いにオシャレをした人たちが、
吸い込まれるようにショッピングモール側の改札口に向かっていったこと。
これも昔はなかった光景。
以前なら大阪か神戸に買い物に出かけていたであろう人たちが、
西宮を目指して、西宮に来るためにオシャレしてる!
電車の乗換駅として機能していた場所が、ショッピングの最終目的地になるだなんて…
ちょっと驚きの変化。
「西宮ガーデンプレイス」はたとえていうなら、「ららぽーと」のような複合型ショッピングセンター。
映画館あり、レストランあり、百貨店あり…。
とても今風の、いわゆる全国区型のショッピング施設。
西宮ならでは の強い何か、があるわけじゃない。
だけど、それでも こういう場所が出来て、集まってくる人たちがいて、
買い物袋を片手に、あるいは映画のパンフレットを片手にニコニコと歩いている姿は、
何だかいいなと思った。
地震が起きて しばらくしてからの この界隈は、とても沈んでいたから。

帰省するたびに身近だったはずの風景が減り、その都度、心寂しく感じていたけれど、
こういう活気のある変化はいいな。ちょっとうれしかった。
そして1年に1度 関西に帰るか帰らないかの人間が、
変わった、変わったと街の変化を嘆くのは、勝手な思い入れだなと強く、
しみじみ反省したのでした。
とは言っても、変わらないものも やっぱりいい。


09_02_03-1BTH694_4B.jpg

画像は大晦日の日の入りを見に出かけた芦屋浜。
残念ながら雲に覆われ、夕焼けは拝めず。
だけど この浜辺の風景は昔から変わらない。
変わらないものを求めて、帰省するたびについ出かけてしまう場所。

↓もそっとだけ お付きあいを ^^

Can't Wait for Spring

Mon.02.02.2009 0 comments

09_02_02BTH695_1B.jpg

日曜日は風が強かった。木の枝は びゅーんとしなり



09_02_02BTH695_2B.jpg

灰色犬のカモメ耳はフライング



09_02_02BTH695_3B.jpg

三毛犬の長耳はブーン… ホバリング。^^



09_02_02BTH695_4B.jpg

風はまだ冷たいけど、春だね、春♪



2009 First Day Trip ♪

Tue.13.01.2009 0 comments
関西旅行は小休止して、三連休のときの話を。

09_01_13BTH692_1B.jpg

三連休の2日目、寝ぼけ眼をこすりながら三崎の朝市に行きました。
4時半に出発して6時に到着。
日もまだ明けていないというのに、市場にはたくさんの人だかり。
大きな段ボール箱を抱え、すでに市場を後にする人も多数。
「遅れを取ってなるものか」 と慌てて場内を一周して、
マグロの柵、野菜セット(三浦大根、赤カブ、人参、ホウレン草等々)、
しらす、キンメ、赤玉子をゲットしました。どれも採れたてのピチピチ。
値段も(特に野菜が)お安い!
ちと買いすぎて財布は軽~くなってしまったけれど、
お買い得感で心はホカホカ。
店先に並んだ野菜や魚の顔を見ながら、その日の献立を考えるのは楽しいね。

ひととおり買い物も済んで、ふと上を見上げると
空にポッカリ富士山が2つ浮かんでた(笑)。
三浦半島は富士山が見える名所が無数にあるからね。
市場のタープもフジヤマだ♪
ちなみに朝市の営業時間は毎週日曜、朝5時から9時まで。
時間中は駐車場も無料で開放されています。


09_01_13BTH692_2B.jpg

こちらは本物の富士山。
驚いたのは まあるい月が富士山と肩を並べて、
今まさに地平線の彼方へとお隠れあそばすところだった!
人生で初めて拝む “月の入り”。ちょっと幻想的な風景。
「絶景かな」 というのは こういう景色のことを言うんだね、きっと。

朝市の会場を出て、富士山の見える方向に少し歩くと
この風景に出会えます。

「月と富士山」にサヨナラし、次に目指したのは城ヶ島。
上陸はこれで2度目。ここでも絶景に出会えました。

09_01_13BTH692_3B.jpg

三崎と島をつなぐ大橋に差しかかったところ、朝一番の太陽が姿を現した。
wa! 家、今年初めて見るご来光。
吹きすさぶ風は冷たくて、気温は零度前後を行き来していたけれど、
こういう景色を見ると、「めっけもの!」と小躍りしたい気持ちになる。
眠くて寒かったけど、早起きして良かった。
けれども このオヒトには三崎朝市めぐり+城ヶ島一周ツアーは過酷だったみたい。
とにかく寒かったらしく、終始ブルブルと体を震わせるものだから、
仕方なくワンコ服を2枚重ねにしてやりました(苦笑)。

09_01_13BTH692_4B.jpg

でも本当のところは、ゴーゴーと打ち寄せる波の音や、
公園の茂みに潜む何らかの生き物(猫? それとも…)の気配に過剰に反応して
疲れ果てていたみたい。
熟睡していたのを真夜中に起こされて いきなり「海へ!」だもんね。
お疲れさん。悪いけど、今年もプチ旅行に連れ回す予定だからね。
文句を言わず付き合っておくれ。


09_01_13BTH692_5B.jpg

こちらの灰色犬は根が大らかなもので、
何にも過敏に反応することなくマイペースで島を闊歩。
うっほほーい♪で歩き回るものだから、ひげ面には お約束の枯れ枝のお飾り(笑)。
肉球には ひっつき虫が めり込んでいました。^^;
それでも たまのお出かけは楽しい。
今年もいろんなモンくっつけながら、いろんな所に出没しよう、灰色クン♪
んなわけで2009年日帰り旅行の旅は三崎から始まりました。
次はいずこへ?(笑)


topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。