プロフィール

waa!

Author:waa!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Time is...
Weather is...
Click for 東京, 日本 Forecast
Daybreak & Sunset

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yellow Magic Saturday

Tue.22.05.2007 1 comments
化粧してる妖艶な男たち、好きなコトやってお金を稼いでる幸せなオトナ、世界に通用する日本人、ブルジョアの香り漂う3人組、努力の見えないゆるーく頑張ってるヒトたち… これが学校に通っていた頃、私が思い描いていたYMOのイメージ。“解散”を意味する“散会”の文字が新聞の紙面に踊った時、とくにファンでもなかったのになぜか一時代が終わったような気がしたものです。親の目を盗んで高橋幸広氏のオールナイトニッポンも聞きました。釣り好きに短気なヒトが多い、と教えてくれたのはユキヒロさんでした。忌野清志郎氏と、教授こと坂本龍一氏がレコードを出した時 (まだCDではなかったのだ)、音楽番組でキスしたのを今でも鮮明に覚えています。(その頃は珍しかったのよ、そういうパフォーマンス)。私が多感な頃に何かと動向が気になった、そんなYMO(今はHASと書いてワイエムオーと読むらしい)に、土曜日会ってきましたよ。…って、ライヴを聴きに行ってきたんですけどね。1曲目の 「以心電信」 で心をわしづかみにされ、アンコール前の「Rydeen」では涙してしまいました。リアルタイムで聴いていた時から20数年の年月を経ても、いまだに新鮮に感じる曲の数々…。簡単に“名曲”なんて言葉では片づけたくはない、時代を感じさせないサウンド…。やっぱりこの人たちは天才だと、この目で見て、生で聴いて、その思いを新たにしました。バックスクリーンに映し出されたビジュアルもよくて、曲名は失念しましたが(失礼!)字幕で訴えていた社会的メッセージがズンズン心に響いてきました。 MCで「戦争反対」と叫ぶのではなく、花や木漏れ日の映像を淡々と見せ、そこに容赦なく文字でメッセージを流す…。「あとは見た君たちが考えて行動しなさい」 と突き放してる感じ。でもそれは決して冷たい突き放しではなく、「いい大人なんだから自分で考えようね」と背中をポンと押してる感じ。音楽の力って本当にスゴい、と ただただ圧倒され、あっという間に過ぎた2時間でした。ビールのCMでは石器人に扮したり、雅な着物を着たりと、いつまでも ひょうきんなオジサンたち。これからも変わらず、オチャメでいて欲しいな。YMOよ、永遠に!


続きを読む »

スポンサーサイト

One Week, Wan Week

Mon.12.02.2007 0 comments
今日でブログを始めて1週間が経ちました。犬のことやら、日常のこと、こんな感じで書いていこうと思ってます。
これからもヨロシクお願いします♪

今日は朝からWOWOWでグラミー賞を watching。あのポリスがオープニング・アクトを務めると知ったら生で見ずにはいられない! そんなわけで朝早くから目はテレビに釘付けです。 曲は何を演るんだろう。やっぱり世界的にポリスの名を知らしめた 「見つめていたい」 かな、でもあまりにあまりの選曲だな、ジミだな、と思っていたら 「ロクサーヌ」 のイントロが! ッチャ ッチャ ッチャ ッチャ♪ やったー!こぶしを突き上げて絶叫していると、まず らく (ビーグル) が陣地にしているシマシマ・クッションにスタコラサッサトと逃げ込んでしまいました。サッカーのTV観戦が始まったと勘違いしたようです。私がサッカーやラグビーの試合を見始めるとヒトが変わるので (奇声を上げてうるさい→友人・知人は驚きませんが) 、2匹とも試合が終わるまで半径1メートル以内に寄りつきやしない。かーちゃんの興奮モードが嫌いなんだよね。 今日のグラミーでも反応は同じ。けげんな顔で飼い主をにらんでおりました。


でもね、ポリスは私の中学・高校時代の思い出のバンドなのだよ。「ロクサーヌ」 のイントロを聞くと、深夜ラジオをエアチェックしていた頃や、友達とカセットテープを交換してたことが昨日のように思い出されるのだ。今日くらいは勘弁しておくれ。ところで肝心の演奏はすばらしかったんだけど、スティングがひさびさの再結成でうれしさのあまり (?) ニヤけた顔でパフォーマンスしていたのがちょっと↓。スモーキー・ロビンソンの 「トラックス・オヴ・マイ・ティアーズ」 のほうが感動したかも。やっぱりスティングは眉間にシワ寄せて渋面で歌ってくれなきゃ。それでも来日コンサートしないかな、なんて はかない希望を抱いております。


午後からほぼ毎週末、顔を出すドッグランへ。実はおとといデジタル一眼レフを買ってしまった私。ネコに小判、豚に真珠、うた&らくに大トロ、の域であり、まだまだ良い写真は撮れないけれど、これは今日のお気に入りの1枚。いつも遊んでもらっているボーダーコリー君です。いつもは必死な目で他のワンコたちを追いかけているのだけれど、奇襲をかけてカメラを向けたら、このポヨヨン顔が撮れました。目元がアラレちゃんみたいでしょ。ワンコの顔って本当に表情豊かです。



続きを読む »

The Music Box

Sun.04.02.2007 0 comments
ご存じの方も多いとは思いますが、今ごろこんな便利な音楽サイトを見つけました。
その名は “Pandora”。 自分の好きなアーティスト、あるいは好きな曲の情報を入れると、こちらが興味を持ちそうな音楽を勝手にチョイスして流してくれるというサービス。 いわば音楽の “おまかせコース”。自分だけのラジオ局をネット上で持てるというシステムです。
忙しいと未知の楽曲を発掘する時間がない。でもパンドラを使えば、自分の知らないバンドや曲と巡り会うチャンスが増えるし、何と言ってもこちらがログアウトするまで永遠に曲を流し続けてくれるところがいい♪ 例えば私が十代の頃にそのビジュアルにはまった “デュラン・デュラン” と入れてみました。すると 「デュラン・デュラン・チャンネル」 が作られて、なぜかピーター・ガブリエルの曲が流れてきました。その次がジェネシス (これは自然な流れね) 、で、どういうわけだかポール・サイモンに行き着いてしまった!これにはビックリ。でも何が出てくるのか分からない玉手箱的な面白さがあるので、最近PCに向かっている時はこの “パンドラの箱” を使って音楽を聴いてます。洋楽に限りますけどね。自分が持つことのできるチャンネル数は何と100! 気分次第で毎日チャンネルを変えて音楽を楽しめます。登録にちょっとしたコツが必要なので詳しくはこちらを。それでただいまのBGMは、 “(ビートルズの)The Long and Winding Road” チャンネルから、ギルバート・オサリバン “What Could Be Nicer” →エルトン・ジョンの “Shine On Through” →カーリー・サイモンの “The Right Thing To Do” 。しみじみマッタリいたしました。


FI8_1E.jpg



topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。